【将来の夢】美容師になるまでのストーリー その2✂︎

【ラパンアジールのコロナウイルスに対しての対応について】

アルコールによる手指消毒、うがい薬の提供、マスク着用での施術、一客ごとのお席の消毒など細心の注意を払い、安心してご来店していただけるよう心がけておりますので、お気になることなどございましたらスタッフまでお尋ねください。

自分がどんな夢を持っていたのかを思い出してみると、なりたい職業がどんどん変わっていることがわかったので、いろんなことに興味がある幼少期を送っていたんだと思いました。

ちなみに、現在の小学生2〜6年生になりたい職業のアンケートを企業さんが取ったところ第1位はなんと「会社員」のようです。

リモートワークが今や主流になってきたこの世の中で、家庭で仕事をしている親の姿を見て憧れを持ったみたいですね。


前回の続き・・・

アクシデントを起こしたのが、実は高校在学中のレクリエーション中に骨折をしてしまったので。

松葉杖を突きながらの登校になったり、高校の卒業アルバムのクラス写真も松葉杖でした。

その時によく、助けてくれたのがラパンアジールオーナーの【山田健太郎】さんです。

そう、オーナーとナカムラは高校の同級生で2、3年が同じクラスだったんです。

そこから、美容学校も一緒に通うことになったのです。
(美容学校時代のバイトも一緒でしたw)

実際、美容学校の入学試験の日にもナカムラは松葉杖を突きながら、学校に向かったのですが、その時オーナーも一緒に行ってくれたので本当に助かりました。

(あの時、一緒に言ってくれなかったら美容師になってないかもしれません。)

そして、無事に入学し、2年間の就学を無事に終え、就職となります。

(実は、学校を卒業するのも大変でした。ここでもアクシデントがあり、膝を怪我してしまい、手術とリハビリのため長期離脱をしてました。)

最初に就職したのは大手チェーン店の美容室。

当時、お世話になった店長にも「なんで美容師になったの?」と聞かれたのですが、ヘアメイクになりたくて美容師になりましたと話したことは覚えています。

ヘアメイクさんになるには東京のサロンとかに行ったほうが早かったのかもしれないけど、あえて行かなかったのも「どこでもやろうと思えばできるだろう」と安易な考えを持っていました。

実際、上司の知り合いの方にヘアメイクさんをやっている方がいてお話を聞いた時に、、、

「ヘアメイクの世界はそんなに華やかではないよ」

「お給料だってそんなにいいわけでもないし」

そんなことを話で聞き、サロンワーク(美容室の仕事)に戻った時、あるお客様と先輩の出会いが今の自分の美容師像を作るスタートになったのかもしれないです。

 

さらに続く・・・

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♪

ではまた★

インターネットのご予約はこちらをクリック!!

☆★☆店舗情報☆★☆

新鎌ヶ谷美容室ラパンアジール ソム

 

047-401-6888(完全予約制) 火曜日定休 駐車場5台完備

 

http://www.lapin-agile-somme.link

 

南行徳美容室ラパンアジール

 

047-702-8626(完全予約制) 月、火定休 駐車場有

 

http://www.lapin-agile.link

The following two tabs change content below.
中村智史
1980年、千葉県野田市生まれ 大型店舗に就職し、のちに店長を経験、2017年9月に美容室Lapin-Agile sommeの責任者に就任。代表の山田健太郎とは高校からの付き合いで今回のプロジェクトから参入! 『ヘアスタイルは人生を変える』に共感し新鎌ヶ谷での活動を進める

Please Post Your Comments & Reviews

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です